ボブスレー サポーターズクラブ申し込みフォーム

ボブスレー サポーターズクラブ会員規約

ボブスレーサポーターズクラブ 会員規約

  • 第1条(名称)
    当サポーターズクラブは「ボブスレーサポーターズクラブ(以下「本会」という)」と称する。
  • 第2条(目的)
    本会はボブスレーチームの活動支援を通じ、競技者の育成や強化に寄与するとともに、ボブスレー競技に対する理解を深めるための活動を実施し、競技の普及振興を図ることを目的とする。
  • 第3条(事業及び事業対象)
    本会は、その目的を達成するために次の事業を行う。
    1. 一般社団法人日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟(以下「連盟」という。)が選出したボブスレーチームの合宿及び各種大会への遠征の支援
    2. 国内におけるボブスレー競技の発展に関する普及活動
    3. 会員に対する特典その他各種サービス(以下「各種サービス等」という。)の提供
    4. その他目的達成のために必要な事業
  • 第4条(会員)
    会員は、本会が定める本規約に同意し、本会が定める入会申込手続きを行い、本会が入会を認めた個人及び法人で構成される。入会が認められた会員には会員証を発行する。
  • 第5条(入会)
    本会への入会は、本規約に同意し、所定の入会申込手続き及び以下の年会費の支払いを完了し、本会が承認することにより認められる。
    2 本会は、別途認める場合を除き、退会その他の事由に伴う年会費の返金を行わない。
    3 会員は、本会への申込手続きを完了した時点で、本規約に同意したものとみなす。
    年会費 個人会員  一口   5,000円(一口以上で口数制限なし)
    法人会員  一口   50,000円(一口以上で口数制限なし)
  • 第6条(会員有効期間と更新)
    会員資格の有効期間は1年間とし、翌年の入会月に次年度の年会費を払い込むことによりさらに1年間更新される。
  • 第7条(会員情報の変更)
    会員は、その会員情報に変更が生じた場合には、速やかにその内容を書面により、「一般社団法人日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟 ボブスレーサポーターズクラブ」宛に届け出ることとする。
  • 第8条(譲渡禁止等)
    会員は、会員証及び本規約に基づく会員としての地位を第三者に貸与、譲渡、売買又は担保に供してはならない。
    2 個人会員の会員としての地位は一身専属的なものとし、相続されないものとする。
  • 第9条(会員特典)
    会員は、本会が別途定める会員特典を受けることができる。
    2 会員特典は会員のみに提供される。
    3 事務局は事前に通知した上で、特典の内容を変更することができる。
  • 第10条(退会)
    会員は、所定の手続を行い、かつ、会員証を本会に返却して本会を退会することができる。この場合であっても、本会は年会費の返金を行わない。
  • 第11条(会員資格の喪失)
    会員が以下のいずれかに該当したときは、本会は、会員の資格を取り消すことができる。この場合であっても、本会は年会費の返金を行わない。
    1. 入会申し込みに際し、虚偽の申告があるとき。
    2. 入会の申し込みをした者が実在しないとき。
    3. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他これらに準じるものであるとき。
    4. 本規約に違反したとき。
    5. 本会の名誉を汚し、もしくは秩序を乱したとき。
    6. 本会が指定する期限を過ぎても会費の納付を行わなかったとき。
    7. 選手、指導者、会員、本会に対する誹謗中傷が認められるとき。
    8. 死亡又は解散したとき。
  • 第12条(本会の終了)
    本会は、事前に会員に対して通知することにより、その裁量で本会を閉会し、会員に対する各種サービス等の提供を中止することができる。
  • 第13条(個人情報)
    本会は、入会申込みの際に提出された個人情報について、会員への入会資料の発送、イベントの案内、本会からの情報提供などにのみ使用できるものとし、当該会員の承諾がない限り、収集した個人情報を当該目的以外に使用せず、又第三者に提供しない。ただし、次の場合を除く。
    1. 法令による開示義務が課せられた場合。
    2. 行政庁、裁判所、その他公的機関により開示することが要請された場合。
    3. 業務を円滑に進めるため、その一部を外部に委託する場合その他本会の運営に必要であると本会が判断する場合。ただしその際は、必要な範囲のみを開示し、委託先にも本条と同様の義務を課すものとする。
  • 第14条(本規約の範囲)
    本規約は、連盟が運営する本会と会員との一切の関係に適用される。
    2 本会が、各種サービス等に関し別途定める諸規程は、本規約の一部を構成する。
    3 本規約と、前項の諸規程の定めとが異なる場合は、当該諸規程の定めが優先する。
  • 第15条(本規約等の変更)
    本会は、本規約及び各種サービス等の内容を会員の了承を得ることなく随時変更することができ、会員はこれをあらかじめ承諾する。
  • 第16条(通知方法)
    本規約又は各種サービス等の内容の変更その他の事項に関する連盟から会員への通知は、別途定める場合を除き、連盟の公式サイトへの掲載により行う。
  • 第17条(管轄)
    本会又は連盟と会員との間で、本規約、本会又は各種サービス等に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

付則 本規約は、平成25年10月1日から施行する。